Time Line

祭屋チームに関わっていただいた全ての皆様へ

第61回よさこい祭りから早いもので1ヶ月が経ちました。
まずもって、参加してくれた踊り子さん、ありがとうございました。お疲れさまでした。

応援してくださった方々、スポンサの皆様方、今年も本当にありがとうございました。
まずはこの場をお借りし、御礼申し上げます。
延期になっていた安芸納涼祭も先週で終わり、ひと段落となるところですが、

色々なところからお声掛けをいただき、今月もまた来月も
再来月も踊ることができます。本当にありがとうございます。
今年もおかげさまで踊り子さんに選んでいただけるチームとなり、
150人という人数での参加。
これまで最速、6月18日に満員御礼を掲げることができました。
初出場から5年が経ち、初出場からずっと祭屋チームを支えてくれている
メンバーも、私含め練習時間に間に合わなくなり、ご迷惑をおかけしました。

その分、若いスタッフが祭屋チームを背負ってくれて、頼もしく思います。
初めて出場させていただいた「みなこい港まつり」から始まった本番。
いつもより早く、纏・フラフを含む踊りを完成させるのは大変で、
スタッフにも踊り子さんにも迷惑をかけました。
終わってみれば、みなこい港まつりを取り上げたYoutubeでも再生数上位。
また一つ、踊り子さんの勲章が増えました。
そして、今年は本当に雨に泣かされた年でした。
なんといっても “安芸納涼祭2日とも延期” そして臨んだよさこい祭り。
本来であれば安芸で足りないところ、もっと良くできるところを修正し、
安芸で勢いをつけて高知本番に臨む祭屋チーム。
改めて安芸納涼祭の偉大さが分かった年でした。
しかし、安芸で踊れなかったパワーを高知にぶつけ、一発目から掛け声出して
祭屋チームの踊りとなっていました。
「よさこい祭りどこいこサービス」昨年に引き続いてのトップ10。
これまで踊ってくれた踊り子さんを含め、今年の踊り子さんが頑張って
きてくれたおかげです。受賞とはなりませんでしたが、胸を張って、
今年祭屋チームで踊ったんだよってご友人に話してほしいです。
年々、「よかったよ」とか「応援している」、「祭屋チームを見に来た」
など、様々なお声をいただく機会が多くなってきていると感じます。
ただただ純粋に昔ながらのよさこい祭り、このお祭りを楽しんでいる姿を
ご覧いただきながら、お客様にも祭屋チームのお囃子の音を
楽しんでいただけたらと思います。
今年一番心配していた熱中症も、裏方スタッフや看護師さんのお陰で、
大事に至ることもなく無事終わることができました。
あらためて、スタッフの皆様ありがとうございました。
なんだかんだ祭屋チームも来年で6年目を迎えます。
“よさこい祭りの原点を忘れずに、次世代を担う子供たちに夢を、
 地域に活気を、そして全ての方々に必要とされるチームで在り続ける”
という理念の元、活動してきた祭屋チーム。
高知県内はもとより高知県外からもお祭り、イベントにお呼びいただけるように
なりました。「あっ、祭屋や」って指を指していただけるようになりました。
あと…高知の勲章だけ…勲章をつけて県内の地域や県外のよさこい祭りを盛り上げる
ことができたら…
来年もまた、これまでと変わらず高知のよさこいチームとして活動していきます。
今年祭屋チームを好きになってくれた方…もしよかったら来年、祭屋チームの
スタッフとしてお手伝いしていただけないでしょうか。
インストラクター、裏方スタッフ…
誰でも…というわけにはいきませんが、ぜひ手を挙げていただければと思います。
皆様のお力が必要です。来年もまた祭屋チームをよろしくお願いします。
今年も熱い夏でした。ありがとうございました。
2014年9月15日
祭屋-Saiya-よさこい踊り子隊 代表 鎌田進一
  • コメント: 0

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP